【阪神タイガース】強くなったと思ったが元に戻るかも

スポーツ

6月は負けまくっていた阪神タイガースですが、最近は調子が良くて、7月10日まで4連勝していました。

しかし、11日のDeNA戦は勝利目前で逆転負けしてしまいました。

イヤな負け方でしたが、最後までハラハラできて楽しかったです。

今年は開幕が3ヶ月遅れて、最近は雨ばっかりでプロ野球も中止が多いので、試合があるだけで満足です。

永遠に勝ち続けることは不可能なので負けても仕方ないのですが、ホントは勝ってほしかったなあ。

明日も負けたらどうしよう。

「セ界の借金丸抱え」「自滅の刃」最悪のスタート

6月の阪神タイガースは2勝8敗という地獄でした。

7月に入っても2試合連続で負けて、阪神以外のセ・リーグのチームが全部勝率5割以上で、阪神だけ負け越している状態になりました。

「セ界の借金丸抱え」という新聞見出しも出ました。

負け数が多いと多い分だけ借金がある、勝ち数が多いと多い分だけ貯金があるといいます。

2勝10敗なら借金8です。

最悪の状態の時はエラーも多く「自滅の刃」といじられていました。

突然強くなった阪神タイガース

6月は勝てそうな予感がしない阪神タイガースでしたが、7月になって様子が変わってきました。

7月4日に広島に勝ってから4連勝して、7月10日の時点で6勝10敗まで挽回してきました。

ボーアがホームランを打てるようになったし、あまり出番がなかった大山もマルテの負傷で出場できるようになり活躍しています。

7月11日は8回までリードしながら、エラー絡みで逆転負けしました。

自滅の刃です。

藤川球児も調子が悪いですね。

年齢のせいでしょうか。

5連勝だと思っていたのに逆転されるイヤな負け方をしたので、明日からまた負け続けるのではないかと思ってしまいます。

阪神ファンはネガティブなのです。

嫌な流れをすぐに断ち切ってほしいものです。

ボーアはバースの再来になるかもしれない

1985年、阪神タイガースを日本一に導いた史上最強助っ人がランディ・バースです。

阪神が日本一になったのは、1985年の一度だけです。(2019年まで)

そのバースの再来と言われているのが、ジャスティン・ボーアです。

ちなみにこれまで「バースの再来」と言われた選手はたくさんいたのですが、バースの足元にも及ばない成績で阪神を去っています。

ボーアは開幕から18打席ヒットが出なくて期待はずれだなと思われていたのですが、7月に入って調子が上がってきました。

ホームランも7月だけで4本も打っています。

この調子でいってくれれば、初の「バースの再来」になるのですが、失速するのではないかと思ってしまいます。

阪神ファンはネガティブなのです。

期待しすぎないようにしますが、本当に「バースの再来」になってほしいものです。

スカパーなら阪神タイガースの全試合が見れる

私は関西に住んでいるので、阪神の試合はほとんどテレビで見ることができるのですが、関西以外にお住まいの方は地上波では試合をあまり見ることができないと思います。

スカパーのプロ野球セットなら阪神タイガースの全試合見ることができるので、関西以外にお住まいの阪神ファンの方はチェックしてみてください。

関西在住の阪神以外のチームのファンの方にもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました