【35歳の少女 第2話】家族で豆腐を食べるシーンが話題

ドラマ

柴咲コウさんが体は35歳だけど心は10歳の女性を演じているドラマ「35歳の少女」。

「35歳の少女」の第2話では、家族で豆腐を食べるシーンが話題になりました。

豆腐に何もつけずに食べていたのです。

素材の味を楽しんでいるわけではなく、何もつけないことに意味があるのだと思います。

「35歳の少女」のあらすじを簡単に説明します。

柴咲さん演じる望美は、10歳のときに自転車事故に遭い意識を失いますが、25年後に奇跡的に意識を取り戻します。

母がすき焼きの豆腐を買い忘れ、妹の愛美におつかいを頼むのですが、愛美は拒否したので、望美が自転車に乗って豆腐を買いに行きます。
自転車のブレーキが壊れているのですが、父が修理をするのを忘れていたため、下り坂で止まることができず、望美は崖から放り出されてしまったのです。

豆腐に醤油かけないの?

このドラマは豆腐がキーワードになっているのですが、第2話では望美が買ってきた豆腐を家族みんなで食べるシーンがあります。

25年前、豆腐を買い忘れた母、豆腐を買いに行くのを拒否した妹、父(豆腐と直接関係ありませんが)の前で、望美は「豆腐は悪くないから」と言います。

まなちゃんもパパもママも悪くない、事故に遭ったのは、本当は通る必要がないのに坂道でスピードを出したくてわざと寄り道した自分が悪いと言うのです。

見た目は35歳ですが、10歳の子が「事故に遭ってごめんなさい」と言えるのはすごいと思います。

望美の言葉を聴いた後、母(鈴木保奈美さん)、父(田中哲司さん)、望美、妹(橋本愛さん)の順番で豆腐を食べ始めます。

先頭の鈴木保奈美さんが醤油をかけなかったので、全員が何もかけずに豆腐を食べます。

このシーンは美味しく食べることよりも、豆腐を素のまま食べるということが重要なのでしょう。

25年間豆腐を食べられなかったのに、豆腐を食べることで前に進んでいけそうです。

自転車に乗る前にはブレーキのチェックをしよう

豆腐とともに「35歳の少女」のキーワードになっているのが、自転車です。

大人の体になった望美が、事故に遭ったときと同じように自転車で坂を下っていくシーンはポイントです。

お母さんが豆腐を買い忘れたので、妹におつかいを頼んだら断られて、お父さんがブレーキの修理を忘れた自転車に乗って、姉が豆腐を買いに行く。
自転車に乗れるようになったばかりの姉は嬉しくて、通らなくてもいい下り坂を通って事故に遭ってしまう。

25年間眠り続けて突然目覚める人は少ないと思いますが、事故に遭うところまではどこかでしょっちゅう起こっていてもおかしくありません。

ドラマの家族は、豆腐を買い忘れた自分が悪い、豆腐を買いに行かなかった自分が悪い、ブレーキを修理しなかった自分が悪いと自分を責め続ける事になってしまいました。

個人的には母と妹は悪くないけど、お父さんには落ち度があると思います。
「ブレーキ壊れてるから自転車に乗るな」と言わないといけません。

「35歳の少女」第2話までの教訓としては、自転車に乗る前にブレーキのチェックをしなければならないということです。

乗る前にチェックを忘れたとしても、平坦な道のところで試しにブレーキを握ってみるだけでもいいと思います。

坂の途中に家がある方は絶対に乗る前にブレーキのチェックをしましょう。

もっと他に教訓になることがあると思うのですが…

「35歳の少女」見逃し配信あります

「35歳の少女」は、TVer(ティーバー)、Hulu(フールー)で配信されています。

柴咲コウさんの演技が素晴らしいのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

TVerは無料で見ることができますが、最新話分だけしか見ることができません。
第3話の放送が始まれば、第2話の放送は見ることができなくなります。

Huluは有料ですが、放送されたところまで全話見ることができます。
Huluは2週間の無料お試し期間があります。

最終回が終了した後に加入して、無料お試し期間で一気に見るという作戦もアリだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました